Din SpeiL

GIN / バンコク / 霊能者  今を知り 過去を振り返り 未来を導く 人それぞれの道があります。

プロフィール

GINのプロフィール

簡単ではありますが霊能者GINとしてのプロフィールです。

 活動名 GIN

名前の由来は 銀 を GIN にしてます。 年追うごとに渋く燻された感覚や人間性になれる様にという自分自身への希望と お悩みを克服することで磨かれ輝くこともでき 経験によって傷も曇りも自分の色として違った表現にもなるというイメージが 金属の銀の変化と重なったイメージになったことからその名前を名乗っています。 ギンでもジンでも読み方はおまかせ 笑

 家族構成と年齢

日本人の男性です。言語堪能な妻と頑固な息子、愛想ふりまき笑顔の娘の4人家族で 年齢はとんねるず世代です(笑)。

 活動場所

居住はタイのバンコク。現在は主にリモート(TV電話)でのご相談が多いです。
Skype、LINE、Zoomなどが利用できます。ご希望があればできるかぎりの対応は可能ですのでお問合せください。

霊能者としての基盤 / 霊能者GINのスタート

 不可抗力な出来事と不思議な体験の多さ

自分自身の行動を伴った体験と、自分ではどうにもならない状況や環境による影響と体験が常につきまとうGINの人生は、そのタイミングといい その遭遇、またそういう物事の引きといい その時系列は不思議です。また後述の 人魂(ひとだま)の話  白蛇の話 も一例にすぎず何れブログで綴りたいと思っております。 因みにブログは以下の2つでどちらもGINの人間味の表現のつもりで開始したもので考え方なども書いています。

霊能者GINの渋~く効くSixth Sense Blog 

霊能者GIN 語り草 語り種
霊能者GINの考え方・気づきの語り種  心の健康は心とカラダの健康

 霊能者 スタートのきっかけ / 活動状況

幼稚園の頃から小学校低学年までいじめられっ子で酷い虐めにあい登校拒否などがありました。そこで培ったであろう他者を読む力、それは性格や性質の判断の特化という事ですが、それにしても「どうしてそこまでわかるの?」という部分が付きまとった多感な時期でした。 人を読む力以外にどうしてそういった性格になったのか、何が要因で困っているのか がよく理解できていたからです。
もちろん当時は体感であって思考力の延長線上で理解しているものではありませんでした。 また幼少の頃から金縛りはあって、今でも金縛りは肉体的なもので霊的要素は考えにくいのではと疑っている部分が多いのですが、当時は見たこともない様子や人、声などがあって怖くて… 両親は私がひきつけを起こしたと思い最初はビックリしたとよく話していました。それが高校生頃まで続くとさすがに親も日常化して私がうなされると「ほら またなってるよ。起きなさ~い」なんて軽い対応になるのは言うまでもありません。それから社会人になった頃には自分なりの能力の理解や理論をあてはめて意識するようになったのですが、私自身が霊能者として意識したのは友人の友人が霊能者だと聞いて会ってみたくて場に同席したのがきっかけだったかと思います。どんなもんか知りたくて同席して十数人の仲間やその場の方々が居る中に結果として霊視勝負の様な状態になってしまい…その話の幅や深さとご当人の感情反応なども含めその能力差もあったのでしょう、口伝いに様々な方々から相談を受ける様になった という事がきっかけであり初期です。

相談を受けることに関して特に不快感もなく また相談を受けた当初は相談者にもなにも起こらないのでそのまま月日が流れるのですが 後日 翌月 半年 1年後 2年後 と当時のアドバイスの事も忘れている頃にお礼を言われることが多くなりました。  「この能力でなにかしら人の力になれるんだな」 という事を実感し、相談を持ち掛けられれば(金品は無し 笑)ご相談を受けてアドバイスしていたのが中期です。

相談される事が多くなれば内容は様々になり、家系の事、人間関係(仕事・友人・近所・親戚)、恋愛や結婚、仕事の発展や方向性、子供(子育て・授かり・供養)、霊障・心霊写真・除霊・建築物の鑑定や相の話などなど それはそれは多岐にわたりで増えたことと、そのご相談は全てが真剣で真剣なアドバイスが必要でそのアドバイスに責任が必要になったことが今に至る一番の要因です。 もちろん真剣なアドバイスにはこれまでもこれからも変わりなくご相談内容に左右されることなく今も行っているのは言うまでもありませんが、ご相談を投げかけられたGINはアドバイスに対してはご自身の判断もあるために責任については負いかねるとしていますが、ご相談内容に対する責任、つまり守秘義務であったり 胸の内を他人であるGINにするという部分の責任がなにもない という事に気が引けたのと、アドバイスに対して対価をいただいてご相談いただいたその場で都度の終了を断言したかった という思いがあり今現在のスタイルになった経緯です。

私は、ご相談はGINの勉強の種とも感じておりご相談を拝受することは本当にありがたいことだと感じています。 しかしそのアドバイスはご自身の判断が薄れる要素になってはいけないもの、全てにおいてGINや他人に頼ってしまうことはご本人の人生において意味をなさない事だと考えているためにご相談に対してアドバイスをすることでご自身の判断能力を駆使し促し決断の手助けが私の役目でご相談に関しては相互に終了し繰り返さないことが望ましい という部分があります。 もちろん同様の悩みを再度いただく場合もありますがそれはその時までご自身で考え、迷い、経験をしてきた時間があります。 それこそがご相談されるご自身の糧(かて)だとも思いますし成長の種だと考えています。

そうしたご相談をなさる側とされる側(GIN)の距離感もバランスよくしたかった という意味で自分としては恐縮なのですが対価として御代をいただいている というのが今のスタイルです。

不思議体験 父と母の体験の再現

ほんの一例ですが書かせていただきました。
色々とある体験談などはブログで綴っていたりしますのでもしよろしければブログも宜しくお願い致します。 GIN バンコク 霊能者 のブログ

人魂(ひとだま)の話

父の実家は当時、トイレが離にあって廊下を数メートル歩いた先にあったそうです。 そこで父が見たのは 人魂(ひとだま)。 その一度だけだったそうですが後に父親の母(私からすると祖母にあたります)曰く、家族全員その人魂見てたそう。ちなみに父の家系はちょっと複雑。まぁそこは語らずも男家系の4人兄弟 末っ子は妹という家族構成です。 その後に改築して私の知る父の実家の間取りになったそうですが 子供ながらに違和感を感じていたトイレの場所。 離れにあったトイレを無理やりくっつけたから変な家の作りになったと後に聞きました。 GINも幼少であったためか、トイレに行く廊下とトイレの場所になんか変な雰囲気を感じて嫌だった・怖かったのを今でも覚えています。

人魂を見た父曰く「青白くて明るくて 大きさは人の頭位で 突然出てパッっと消えた」と聞いていたのですが 正直 へぇ~そうなんだ と半信半疑だったのです。 ただ父の家族全員が同じ話を、それも別々の日に聞いたことを踏まえると という部分でGINは信じていたんです。
ある日、当時の彼女とドライブに出かけていた時の事。23歳前後でしょうか。 夜景のきれいな公園として有名な場所があって立ち寄りました。 地元では有名な場所で人で賑わっているような場所なのにその日ばかりは10mほど離れた先にぽつりと1台の車でした。 ベストポジションだとはしゃいで車外に出て山肌から街を覗くと綺麗な夜景でした。 私はその山肌より少し手前で見ていて 山肌ぎりぎりまで進んだ彼女が気が済んだのか、こちら側に歩き出したその時 突然彼女の横1m程度に出たんです 人魂。  それが父の言っていたものと全く同じだった。 青白く 凄く明るい 大きさは友人の顔と同じか少し大きいくらい 1秒もしないうちにパッっと消えた。。。  怖さもなく 周囲には霊的なものは(特に大きな影響があるもの)は無かったし なにより友人の顔がボワッっと明るくなったのが印象的で、思わず 見た? ↔ 見た とお互い確認してしまいました。   くっきり そして人の顔まで明るくなるってのは実態があったのかな?!と今でも不思議です。なにより私だけじゃなくて体験した人が別にも居たというのが不思議です。 私が引き込んでしまったのか?という思いもありますが、悪いことが起きたわけでもなく当時も悪い気は感じなかったので不思議体験として語っている次第です。

 白蛇の話

母の兄妹は4人で3人が女性、末っ子が男という父の家系とは真逆な構成でした。 古い家系で色々な繋がりがあります。 東京の空襲で疎開した母の実家での話ですが今は既に建て替えていて当時の面影は井戸だけです。
昔の建物での話。 母がまだ中学生頃で末っ子の弟はまだ小学生だった頃です。飼い猫が屋根裏に入り込みドタバタと天井で暴れていたので末っ子の弟が屋根裏に入り猫を連れてこようとしたときの事 突然来た人間に驚いた猫は一目散に外に飛び出したところ まだ何か動いていたので目を凝らすと 白蛇が屋根裏に居たそうです。 大きくはないけどフランクフルト程の太さがあったそうなので2m弱位の蛇でしょうか。 俗に話では白蛇などは幸運という話によく出てくる生き物ですし 運がいいと思ってその場に放置して家族会議 蛇が家に居るとは言え 白蛇となれば追い払わない方がいい という事になったそうです。 その後その白蛇はどうなったのか誰も知りません。 まぁそういうことを気にしないのんびり ほんわかした家族なんです 笑

そんな話は私が幼少の頃に聞いていました。 それは実家を建て替える際の思い出の詰まった家を解体する時に色々な思い出話を聞いたからでした。  それから年月が経ち、GINが住んでいたGIN実家は母の実家から30分ほど離れた土地。お隣のお宅は古い家で私の家のベランダの真ん前に木々で囲まれて薄暗い感じの場所にお稲荷さんの祠がありました。 私は小さいころから霊能力はあった様で この祠に感じるものはありましたが害はないものだという感覚があったので気にもしていませんでした。 母からは「お稲荷さんにお願いしてはダメ 命取られるよ」と言われていたのをこれを書きながら思い出しました。それは何れブログで題材に。 そんな状況のある日の夕方、薄暗くなる頃、そうGINが幼稚園年長さんの頃です。 ふとその祠に目をやると大人の腕程の太さのものが動いていました。 目を凝らさないと見えなくて目を凝らすと蛇の顔がこちらを向いていました。 ジッと動かず 数秒だと思いますが何分にも感じたのを今でも覚えています。蛇に睨まれていました。  そしてその数秒後にスルスルスルと祠に移動した途端、お隣の古いお宅のおじさんが物置にものを取りに来たのですが 何食わぬ顔で作業して帰っていきました。 実はその祠の真横が物置だったのですが電気をつけていったん祠周辺を見渡したにも関わらず 何もなかった様に戻っていきました。 私は気になって仕方なくて でも信じてくれないだろうという思いと大げさなことになったら嫌だな という思いでその日は眠れず 翌日お隣のお婆さんに話をしました。

「あら もう30年位見てないけどまだ居たんだねぇ」が返事でした。

その1年後、お隣の古い家は取り壊され新しい家が建ちました。

建て替えられた敷地内の建物のレイアウトとしては祠のあった場所には物置が置かれてその面影すらありません。 新しく住まれた方が猫を飼ってらしてその猫は我が家にもとてもなついてかわいがっていました。 ある日その猫がネズミやらトカゲやらをその物置の周辺に置いているのを知りました。 そしてその置く位置は必ず祠の正面の場所 位置も決まっているみたいでそこに邪魔なものがあれば その邪魔なものの上に置いて位置関係を保ったり不思議な行動でした。

ある日 白昼 猫がそんなことをしている様をたまたまベランダから見ていたのですが なにか物置の下で動くものが見えた気がしたしたので覗きに行くと 30㎝くらいの白蛇が居ました。 猫はその蛇を見てますが毛づくろいしたりと至ってリラックスした様子で 白蛇も猫が捕った獲物のうち 1匹だけを丸呑みしてまた物置の下へ

数日後にその物置の下を懐中電灯で覗くと移動に使ったであろう穴が開いていました。 それ以来見るチャンスもなかったのか?見ることはなかったことは記憶にあります。

その白蛇を見たときに そー言えば母実家もそんなことがあったなぁ と無関係ではあるだろうと思いつつ気になる体験となりました。

GINの体験は色々と 周囲環境からの影響も?!

GINの体験談や 自身の行動と周囲環境の関係、また時系列で考えても その相関をみるとGIN自身が引き込んでいるのか?引き込まれているのか? またそういったタイミングの嗅覚なのか?などなど考えたくもなります。 それほど多いんです、色々とね 笑

こういう一言で片付けたくないのですが 運命 なんでしょうね 笑
ただこれは 運命 という不可抗力にもその生命の通過点で起きることが必然である という様なイメージで使われることが多いですが 私はそうではないと考えています。 GIN自身もなんとなくですが 平穏無事な人生より色々とあったほうが生きがいがある などという部分を小さい頃から感じていて 特別な存在にも憧れるしでも普通でも居たい、むしろ不思議な渦中にありたい といった感覚を持っています。

そういった自身の心持ちが引き込んでいるのか 察知しているのか なのだと思います。 とはいえ 何が起きるのか、どんな影響か、プラスなのかマイナスなのか わかりません。
こうしたちょっと変わった体験も もしかするとこの仕事にうってつけな経験だったのかな と今では感じています。

とはいえ 不可抗力による環境の渦中だったりする訳で自分でもびっくりです。GINのほんの一部体験を描かせて頂きました。
現実とかけ離れすぎるのは それは現実ではないと思っています。
ただ現実を事実だけで見据えるのも それも現実ではないと思っています。

現実の事実の中で疲れた精神をどう癒やしたらいいのか どう解決したらいいのか 問題点はなんだろう どうステップアップできるか などなど プラスへの働きかけをどうすればいいか ということはなかなか気づきにくいものです。
そういった部分のお手伝いが出来ればと思っています。

GIN は こんな考えの人 こんな人です。

2020/10/03