Din SpeiL

GIN / バンコク / 霊能者  今を知り 過去を振り返り 未来を導く 人それぞれの道があります。

考え / 姿勢

GINの考え方

GINの考え方をご理解いただきたく記しました。
大切なご相談をお受けするためにも ご相談を依頼するにも指標が必要だという思いです。

 GINの3原則

過去を否定しない

これまで歩んできた人生の経験や糧があるからこそ悩み 不安を抱えます。 過去の否定や誤りを指摘するなどのアドバイスはご相談される方を否定していることと同じです。 どんな経験もあなたの大切な糧、いわば鉄壁の土台 過去があるからこそあなたです。 好きか嫌いかではありません。取り戻せない過ぎた時間に経験として積み重ねられたあなたの時間です。 否定するべきものではありません。受け入れ 今を知り 未来につなげる大切な要素です。

 

今を崩さない

様々な時間を過ごし経験してきた過去があるからこそ 悩みを抱え、その経験値では見えない先に不安を感じることもあるでしょう。 今を生きるという事は未来を切り開くことです。 新しいことをすることが未来を切り開くことではありません。過ぎる1分1秒が未来と過去の境目です。 それが今なんです。 日々の積み重ねでその思いや考えが大きく強くなると新たな道を進みたくなるし不安を抱えたりもします。 思いや考えだけで切り開いたり新たな一歩を踏み出すには人生は不十分にできています。 進めるだけの人生の体力 活力(パワー)が必要です。  そういった分岐点や不安からの脱却、未来へ繋げるその一歩の見極めも必要です。 どう進むかはあなた次第ですがその方向に無理や負担が大きくない様な道しるべも必要な場合があります。 過去から培われた今のあなたを乱すことなく踏み出す一歩が安定できることが私のアドバイスの一つです。

 

未来に繋げる

今のあなたがどのような選択をしようと未来が崩れることはありません。それは常にあなたが未来との境に居るからです。 むしろ未来を崩そうとするのか、成功や達成に繋げるのかは今のあなた次第です。 未来は決まっていません、選択肢は沢山ありどうなると決まったものではありません。
未来に繋げるというのは今、そしてこれまでのあなたを知り、後に繋げるために必要な経験という糧はどんなものかを見定める必要があります。 人生の体力である活力が足りなければ目指すところへ行きつけないからです。 新たな一歩やその先にある”得たいもの”へ行きつくまでに人生には大小さまざまな試練があります。いわば人生のテストです。 そうした大小ある苦労や困難という試練を乗り越えることでこれまで培ってきた経験でも十分対応できるかどうかというテストに合格する必要があります。 しかし残念ながら不合格は無く全てが通過できてしまいます。 もし合格点に足りない場合はそれを補う試練が待っています。 これが苦労して成功した人の苦労話でもあります。 最初からの成功はないということもありますが タイミングや人生の体力と試練を乗り切れるだけの経験値のバランスが大切だ ということを誰も説いていないのは 目先の成功や幸せを見て長期的な人生の達成を無視しているからです。 それが人生というものだと私は考えています。

未来にそうなりたいあなたの希望を見据えること。そして目先でなく見据えた方向を目指せる様に心身の状態を見極め 整え 準備し より良いタイミングを得て踏み出す事が大切です。

 

 人生には対価の支払いがある

対価の支払いというと人生のお金とイメージされるかもしれませんが近いものがあります。 私たちが社会生活において他人が提供するサービス(物や施術など)を得たいためにお金を払うという事と似ています。人生の対価というと人生の長短と捉えてしまうかもしれませんがそうではありません。 前述した人生の体力である活力も必要ですがそれと同時に功徳、俗にいう運や気運の察知力などが必要です。 あなただけの力で進むことも可能ですが人間社会は歴史や共存という様々な条件や思い(念)が存在します。よってそれらにあなたが影響されることも大きいということになります。  簡単に言ってしまえばあなたが持っている運を使って未来の成功への道に幸運な運気を引き寄せる ということです。 それが人生における対価として人生の体力という活力以外のもので 功徳や運と表現しています。あなたが進みたい方向や道に追い風や道の整備、役立つものをもたらす幸運を引き寄せることで大成功をもたらす場合もあります。 何故それが稀なのか? タイミングとその対価の貯め方、使い方がわからないからです。 それは一様に同じルールではなくて場合や場面によって違います。 私はその違いに気づいているからこそ 無理なアドバイスも 目先の盲目な未来のアドバイスもしません。

 何かを決断する時

決断と言ってしまうとすべてに当てはまりますがご自身の人生を左右する事が主な題材です。婚姻や仕事、お住まいの場所、出産(男女共に)などがそれに当てはまります。  行動を起こす、決断によって大きく変化する などがわかりやすいことかと思います。  恋愛も同様です。あなたの生活の一部になるのは実際の生活もそうですが大きくはあなたの精神に影響すること。 そういった決断や変化の場面が 活力や対価が必要な場合です。

 

何かを手に入れるとき

小さいころ ほしいものを我慢してお金を貯めた経験はありませんか? 私はあります。 欲しいものがすぐに手に入らずに新しいものへ刷新されたりして欲しいものが何かを迷ったこともあります。  子供の頃はまだ未成人で親の手助けや親の存在があって自分が存在していましたが成人はそうもいきません。 親があっての自分ではあるものの、親が手助けをすべき行動が徐々に減っていくのはそれだけあなたが成長し成人となって自分で生きていく術を得たことになります。  親の無償の愛を子に注ぐという言葉がありますが親が対価を求めず与え続けなければ生きていけないから という残酷な現実もあります。 それは仕方のないことでむしろ当たり前です。  しかし成人して自分が手に入れたいものがある場合、それが物であろうと人であろうと何であろうと 欲に呼応して手に入れたいという決断を迫られます。 前述の様に決断する時には人生の活力と対価が必要です。 その手に入れたい何かの貨幣価値には左右されません。 思い入れの度合いです。 精神にどれだけ影響があるかという部分が大きく左右します。

 

行動を起こすとき

何事にも準備というものがあります。 旅行するにも 欲しいものを手に入れるのも 外に出かけるにも 友人と遊ぶにも 自分で遊ぶにも お風呂に入るにも なんでも 行動するために準備します。 それと同じです。 なにか行動を起こすとき あるいは決断をするときなどには あなたの準備が必要です。 その準備とはこれまで書かせていただいた中にもありますが 人生の体力や功徳などの運などがそれにあたります。 対価を払うという表現もしていますが 支払いができるかの準備や苦難や試練を乗り越えられるだけの体力があるかなどがその準備にあたります。

しかし人生はある意味シビアなもので体力が足りないから、試練を乗り越えられそうもない、功徳がないなど教えてくれませんし、そうしたものが備わって準備ができているかどうかにかかわらず 決断んいよって踏み出すことができてしまいます。  そうすると後に”足を救われる”という状況に陥ります。試練や苦難が大きく無理をせざるを得なくなりますし 無理をすることであなたの身の回りに何かしらの歪みを作り その歪みを対価として支払う事になるわけです。   しかしその歪みという苦しい対価は決してあなたのプラスになるものではありません。 そうなってほしくない事やそうなっては困る事が対価として使われてしまう。 求めるものへの思い入れが大きく得た時の幸福感が大きければ大きいほど 同様の喪失感をもたらすものが対価として戻ってくる という仕組みです。

せっかく行動し進みたい方向へ踏み出したのに それと同じくらいの喪失感や精神的ダメージを受け取ってはもともこもない。そうした準備不足という現象があることを知ってください。

 どうすべきか

何事にも無理は禁物という事が大切です。 そして時期やタイミングを見計らい、もし無理をする場合でも無理をしても耐えられる体力か、試練かをしっかりと見据えることが大切だと思います。 過去の歴史の中で多くの偉人が偉業の達成をしてきました。 しかし短命も多いのはこの対価と試練のバランスが悪く 自分自身の人生が押しつぶされてしまったからです。私のアドバイスは 確かに冒険の様な要素は少ないかと思います。 しかし冒険をするか、着実に一歩を踏み出すかの選択はあなた次第。私が決めることではなくあなたの選択です。 私はその選択に一切の否定や拒否はしません。 そうした選択後でもどうすれば乗り切れるかというアドバイスももちろん私の仕事です。  事前・事後のその後のアドバイスは変わりますが、私のお伝えする方向性は 試練を乗り越える、足をすくわれない、目指したいことの達成 など あなたの意思に従ってアドバイスするものです。

姿勢

考え方と同時にご相談に向き合う精神的な姿勢も大切な要素だと思っております。

私の役目というのはご相談をされるあなたの意思に沿ったアドバイスをすることです。 私が示しあなたが進むものではありません。 ただ私は少しおせっかいなところがあって、大きな試練があるのがわかっているのにそれを見ないふりをして笑顔でアドバイスとして「幸せになれます」と言えない性質です。 ですので余計な 踏み込んだアドバイスもする場合もあります。 それは私の性格で私自身の色だと思っています。 幸せになることがなんなのか? 人それぞれの価値観があると思います。 お金、家族、友人、旅行や物欲などその価値というのはそれぞれ引き合ったり、理解できなかったりするものだと思います。  多くの方々へのアドバイスに”同じ”は一切ありません。 先人も 現代人も そしてこれから生まれてくる未来の人々にも 同じ という事はありません。  世界の教えの中には輪廻転生という故人の転生があるという考え方もあります。 私はそのことについても否定はしませんがもし輪廻転生が真実だったとしても同じではないと考えています。 人は学び成長し変化する生き物です。 これまでも 今も今後も未来永劫同じ人生を歩む他人は居ません。そしてあなたも同じ人生の歩みをこの先繰り返すこともありません。 同じような歩みを感じたとしてもそれはそうする方法しか知らないだけで記憶の錯誤です。多角的な視点で見ると環境は周囲は変わっているしご自身にも変わった部分があるはずです。それが自分で気づけないからこそ人生は難しいということもあります。 だからこそ霊能者としてご相談をお受けする姿勢は常に新しいが必要だと私は思っています。

 

最後に

私たち人間は一人では生きられない様に生まれてきました。 必ず母から生まれます。必ず父の遺伝子ももらいます。生まれてくること自体が一人ではありません。

今 こうして読んで頂けているのも不思議なご縁です。
私も あなたも このページだけの関わりなのかもしれないし 今後もお互いに助け合えるご縁になるかもしれません。

 

人生には様々なご縁があります。 深い 浅い 途切れた 復活した 嫌な 良い そして求めたり求められたりもそうです。
縁は形を変えて時間とともに変化するものであり変わらないものでもあります。それが繋がっていたのか繋がったのかは気にするところではありません。

ご相談を依頼するあなたの

ご縁という小さな欠片の一つなれれば幸いです。

GIN

2017/01/25